海外旅行傷害保険で選ぶクレジットカード

海外旅行傷害保険はどうしていますか?

海外旅行に行かれる際、海外旅行傷害保険はみなさんどうされていますか?

旅行会社から同封されるパンフレットで紹介されている保険は短い旅行でも意外に高いですよね。そういったとき90日以内の旅行なら、カードに付いている海外旅行傷害保険でまかなえば、浮いた保険料を美味しい食事やショッピングに回せます。

クレジットカードにはさまざまなサービスが付いていますが、ここでは特に海外旅行傷害保険に限定して考えてみようと思います。

カードの選び方

年会費無料でも海外旅行傷害保険が付いているカードもありますし、多少ならば年会費を払ってもお得です。ただし、何の条件もない自動付帯と、旅行代金をカードで支払った場合にだけ利用できる利用付帯のカードがありますので、事前によく確認することが大切です。

実際に比較してみましょう。

Yカードは年会費無料で自動付帯ですが、傷害死亡後遺障害2000万円、傷害疾病治療費200万円、賠償責任2000万円、携行品20万円、救援者費用200万円が保障されます。

Lカードは同様の補償で初年度年会費無料、次年度より1312円です。

年会費5250円で入れるSゴールドカードは、カードで旅費を支払わなければなりませんが、傷害死亡後遺障害5000万円、傷害疾病治療費200万円、賠償責任3000万円、携行品50万円、救援者費用300万円を補償の上、家族特約もついています。

上記とほぼ同様の内容で、アメリカ合衆国に3か月観光目的で本人のみ行った時の保険会社S社のネット見積もりは、¥32,480でした。(救援者費用は同じ金額の設定がなかった為、入れていません。)

色々な条件や会社によって金額は変わってきますが、家族特約がついていることを思えば、年会費を払ってもかなりお得です。

家族特約が必要な方、比較的長い期間行く方(90日以内ですが)、年に何回も行く方は、年会費を払っても損はしないので、自分の使いやすいカードを選ぶと良いでしょう。海外旅行の予定があるが、今度はいつ行くかわからないという方は年会費無料のものを中心に選んではいかがでしょうか。 どれがよいかわからなくなるほど、今のクレジットカードには多様なサービスが付いていますが、1枚であれもこれもと欲張らずに、必要なカードを組み合わせて持つというのも賢い方法です。

もっと賢く利用しよう

ここで、注意事項がひとつあります。

保険会社の説明の中に「海外旅行保険が自動付帯されているカードを2枚以上お持ちの場合は、それらのカードの死亡・後遺障害保険金額のうち、最も高い保険金額を限度として、按分して保険金をお支払いします。」と記述があります。これを読むと、複数のカードで海外旅行傷害保険に入っても無駄のように思えます。

しかし、それは死亡・後遺障害保険だけで、それ以外については2枚以上のカードを加算できるそうです。私の経験上、海外旅行で使った保険は医療保険と携行品の紛失です。これらを無料のクレジットカード2枚分加算できればとても安心です。