知っておきたい6つのクレジットカード付帯保険

カードの保険・補償といえば、盗難や不正使用された際の補償があげられます。次に海外旅行傷害保険の付帯サービスが主流です。では、他にどのような保険・補償があるのでしょうか。

カードの保険・補償

不正使用の補償

まず、不正使用の補償はすべてのカードに付帯しています。ただし、会員の家族や同居人など関係者による不正行為や、あなた自身が他人に貸した場合などは、補償されないので注意が必要です。他にも、不正使用されても一定期間内に届出がない場合は、補償対象外になってしまいます。

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険に関してはカードによって補償が違ってきますが、付帯しているカードも多いので自分に合ったものを選びましょう。国内旅行傷害保険は海外に比べると付帯しているカードが少なく、年会費が有料であることや旅行代金をカードで支払うことが条件の利用付帯であることが多いので、本当に必要か考えてみましょう。

ショッピング保険

ショッピング保険はカードで購入した商品の破損や盗難による損害を一定期間補償してくれる保険です。こちらは年会費無料のカードにも付いていますので、カード選択時に考えてみるとよいでしょう。ただし、カード購入が条件ですのでショッピングに利用するカードに付いていないと意味がありません。

シートベルト傷害保険

シートベルト傷害保険とは、シートベルト着用中に起きた交通事故に対し補償をしてくれる保険のことです。事故発生日から180日以内に、死亡・重度後遺障害などになった場合に保証金が出るなど、一定の保障があります。

商品未着制度

その他、楽天カードには楽天市場内の利用において楽天カードにより決済をしていれば、商品未着で店舗と連絡が困難な場合の請求の取り消しをしてもらえる商品未着制度があります。商品が未着でも店舗と連絡が可能な場合は補償の対象外です。

ネット不正あんしん制度

ネット不正あんしん制度の自動付帯もあります。ネットでの不正使用はカード会社によっては、補償されないという記事があったので問合せをしたところ、私が所有しているカード会社2社(JCB・クレディセゾン)では不正使用がわかれば補償されるということでした。その他のカード会社にも一度確認しておくことをおすすめします。

ゴールドカードの補償

ゴールドカードは、各種保険が充実しています。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、シートベルト傷害保険、ショッピング保険の他に商品の返品保証、キャンセルプロテクション、航空便遅延保険、スポーツ賠償責任保険、犯罪被害傷害保険、空き巣被害見舞金など多岐にわたっていますが、海外旅行傷害保険家族特約のニーズが高そうです。

また、カード付帯ではありませんがカード会員だけが入れる保険などもあります。

カード以外の保険で補償されていればカード所有の際気にすることはありませんが、上手に組み合わせることで、より多くの安心を手に入れることができます。