カード犯罪に巻き込まれないための4つの予防策

カードの発行枚数が増えるにつれ、トラブルも増加しています。ここでは犯罪に巻き込まれないためにはどうすればよいのか考えてみましょう。

クレジットカードの犯罪

クレジットカードの犯罪には以下のようなものが考えられます。

  • 盗難、不正使用
  • ショルダーハッキング
    • カードショッピングやATMで暗証番号を入力している最中に、肩越しに暗証番号を盗み見られてしまい、悪用されることです。
  • スキミング
    • 現在件数が一番多い犯罪です。磁気ストライプからクレジットカードの情報を盗み、盗んだ情報を別のクレジットカードに移し変えて悪用します。クレジットカード本体は本人の手元にあるため不正利用されていることを利用明細書が届くまで気づきにくいのです。
  • クレジットマスター
    • クレジットカード番号の規則性から実在するカード番号を割り出しネットショッピングで悪用する犯罪です。
  • フィッシング詐欺
    • 偽のwebサイトに誘導して、クレジットカードの情報を登録させる犯罪です。

上記が主な犯罪の種類です。

自己防衛をしよう

カードの枚数を減らそう

まず、必要のないカードはすぐに解約をしましょう。このことは支払い困難にならない為にも、賢くカードを利用するところでも挙げられています。カードを使う人は管理をしっかりすること、が大切だということです。家に置いてあるカードだとしても、上記のような犯罪に巻き込まれると不正使用されても気づかないということもあり得ます。

カードが少なければ管理しやすく犯罪に巻き込まれる確率も減ります。カードが不正使用された際の保険は、さかのぼって期限が決められていますので、身に憶えのない利用がわかったらすぐにカード会社へ連絡しましょう。

カードの裏面には必ず記名をし、利用明細は必ずとっておきます。記名がないと不正利用の際、保障の対象外になってしまうことがありますし、利用代金が違っていたときに明細がなくては証明ができません。

カード伝票を不用意に捨ててはいけません。伝票には重要な情報が書かれています。

スキミングを防ぐ

スキミング対策としては必ず目の前でカードの処理をしてもらいましょう。また、ゴルフ場での被害の実例で、貴重品をロッカーに預けている最中にスキミングされ暗証番号がロッカーの暗証番と同じだったため、悪用されたケースがありました。 美容院、フィットネスクラブなど貴重品を預ける機会のある場所ではスキミングの可能性があるので、できるだけ手から離さないという意識も必要です。

現在では、満員電車の中でポケットに入った財布から非接触でスキミングができるようになっているので、日頃からクレジットカードと銀行口座の管理はしっかりとしておくことが必要です。スキミング防止財布というのもあるそうです。カード会社もICカードへの切り替えをすすめているようですが、まだ一般では磁気カードが多いので自己防衛をしましょう。

第三者の不正利用を防ぐ

ネットショッピングでカードを使用する時は、第三者が使用するパソコンから送信しないことが大切です。SSL通信以外ではカード番号等を送信してはいけません。メールでの連絡は絶対NGです。

フィッシング詐欺を防ぐ

フィッシング詐欺では、メールで誘導することも多いので、知らないところから来ているメールから、Webサイトへ誘導されないことも必要です。また、ネットショッピングでカードを利用する際は、「特定商取引に関する情報」の開示状況やクレジットカード入力ページのアドレスがhttps://~となっている(セキュリティがかけられている)ことを確認しましょう。

危険を認識し、危機意識を持つ事が大切

被害にあうまでは、つい自分は大丈夫と思いがちですが、常日頃から危機管理をすることが大切です。管理をすることで、必要以上に怖がらずに積極的にクレジットカードを利用していけると良いですね。