ライフスタイルで選ぶクレジットカード~よく使うのはコンビニ?空港?高速道路?~

多くの人は複数枚を所有するクレジットカードですが、賢く利用するために自分のライフスタイルに合ったカードの選択と組み合わせ、そして必要のないカードは持たないということが重要です。そこで、ライフスタイルから見たクレジットカードの特徴をみていきましょう。

それぞれのカードの特徴

コンビニ、デパート、スーパーで使う

コンビニをよく利用する人はファミマTカード、アイワイカードなどがあります。ファミリーマートで使用できるのはファミマTカードだけです。また、曜日による割引もあります。

アイワイカードに関してはイトーヨーカ堂でも利用できるので便利です。他にもデパートやスーパーを利用するなら、セゾンカードやイオンカードなど自分がよく行くお店のカードを選びます。どちらも割引日が設定されていますが、セゾンカードはポイントが11永久不滅という点が特徴です。これらの流通系のカードはほとんど年会費が無料です。

マイレージを貯める

ポイントや割引ではなくマイレージ・マイルを貯めたいという人は、JAL、ANAの他に、先の2社がマイル保有期間36ヶ月に対して、コンチネンタル航空・ワンパスカードは、マイルを無期限で保有できるため便利です。

ただし、航空会社系のカードは大体年会費がかかるので作った方が得かよく検討しましょう。

また、自宅から近い鉄道のカードも切符・定期券の支払方法で得するポイントがあり、東京メトロはPASMO一体型でメトロに乗車するたびにポイントを獲得できるという独特のサービスを行っています。

東急電鉄などは東急グループのお店での使用も優遇されていますので、よく鉄道を利用される方には選択肢のひとつでしょう。

ガソリン代・高速料金からキャッシュバック

車を利用する方はよく利用するガソリンスタンドのカードか、ほぼ全てのガソリンスタンドで割引が受けられるJCBドライバーズプラスカードがあります。

後者はカード利用で一切ポイントが貯まりませんが、利用額に応じてガソリンスタンド利用料・高速料金からキャッシュバックを受けられるという他にはない特徴を持つカードです。

ステイタスを得るためには、アメックス・ダイナース・JCB・シティカードとランクアップするカードがあります。

カードの選択

数多くあるカードの中からいくつかのカードの特徴をあげてみましたが、現在のカードのあり方を見てみると、使用場所がとても限定的であることがわかります。

もちろんカードとしてどこでも使えますが、ポイントを貯めようと思えば使用場所は集中させることが必要です。そうすることで、利用者と発行会社双方にとって有利になります。

発行会社にとってはクレジットカードをつくってもらうこと、利用者はどこのクレジットカードをつくるかがとても重要になっているようです。