意外と知らない国際ブランドについて~VISA、Masterって何?~

決済機構とは

あなたは、クレジットカードを何枚もっていますか?多種多様なクレジットカードが発行されていて、カードによって様々なサービスを受けられますが、それらのカードの条件を比較して、自分に合ったカードを探すことが、上手にクレジットカードと付き合う第一歩ではないでしょうか。

さて、まず最初にカードをつくろうとするとき、VISAやMasterなどの種類を選ばなくてはならないことを不思議に思ったことはないでしょうか?

例えばセゾンカードでVISAを選んだら、セゾンカードとVISAカード両方の機能がついてきます。そのときなぜVISAを選んだのか、曖昧なまま使用していませんか?

実は、VISAもMasterも決済機構としての国際ブランドであって、カードの発行会社ではないのです。

何のカードを持っているか尋ねられたら、発行会社の名前を答えます。しかし、発行会社だけでは世界中で使用できるお店は限られてしまいます。

そこで、これらの決済機構と発行ライセンス契約をして、加盟店で使用できるようにするのです。

ですから、同じVISAが付いているカードでも年会費やサービスに差が出ます。カードをつくるときには、発行会社を優先して選ぶのがよいでしょう。

世界5大ブランド

では、決済機構のブランドはどこでも同じかというとそうではありません。

現在、VISA、Masterの他にJCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースが世界で使用できる国際5大ブランドです。

そして、それぞれに特徴があります。VISAとMasterは自社ではカードを発行していませんが、他の3ブランドは自社カードを発行しています。

VISAとMasterは使用できる加盟店が多くブランドも確立されており、とても一般的です。カードを作成する際に選ぶのは、VISAかMasterが多いですね。日本ではどちらも加盟店の差はあまりありませんが、世界では地域差があり、ヨーロッパではMasterアメリカではVISAが強いと言われているようです。

JCBは日本のブランドです。

ですから、国内の加盟店数は一番多く、海外でも日本人が多い地域では不便がないようですが、その他の地域では使用できない場合も多いので注意が必要です。私の経験で、MasterとVISAのカードさえあればどこでも困ることがないと思い、JCBカードは普段持ち歩かないのですが、国内でJCBしか使用できずに困ったことが何度かありました。昔のディズニーランドもそうでしたが、今は主要カードが使用できるようになったようですね。しかし、ディズニーランドといえばJCBというイメージは未だにあります。

アメリカン・エキスプレスとダイナースはどちらも加盟店はそれほど多くないようですが、年会費が高いかわりにワンランク上のサービスが受けられます。

カード取得も他のカードと比較して困難なため、高級店へ行く機会の多い富裕な方がよく利用されているようです。一般人にはなじみが薄いですが、昔ほど審査が難しくないらしいので、持っていればステータスになるというところでしょうか。

決済ブランドの意外な役割

そのほかにも、アメックス、ダイナース、JCB(特に海外で)は、トラベラーズ&エンターテイメントカードとしての役割を充実させています。

また、アメリカン・エキスプレスとダイナースの自社発行カードは「チャージカード」として「クレジットカード」と区別されています。

普段は気にせずに使用しているカードですが、そういったことも比較しながら、サービスだけでなく、いろいろな角度から選ぶといいですね。