銀行系、メーカー系、航空系など、発行会社別でみるカードの特徴

現在クレジットカードもそれぞれの特徴も多種多様あります。比較対象としてはポイント還元などの特典がいちばん興味のあるところでしょう。ここでは、もう少し大きなカテゴリーでクレジットカード発行会社別の特徴をみてみましょう。

発行会社別の特徴

クレジットカードは各発行会社が国際ブランドを使って発行しています。

サービス自体は発行会社が行っていますので、それぞれの会社により特色があります。

銀行系カード

銀行系は銀行が発行するカードで比較的審査が厳しいため回収率が高く、金利はやや低めに設定されていることが多いです。金利で有利なカードを持ちたいという方は、銀行系クレジットカードの中から比較選択してみるとよいでしょう。発行銀行グループの優遇サービスとセットになっていることが多いのです。

信販系カード

信販系は信販会社が発行するカードで、全般的に強みがあります。国際決済機構のJCBも発行会社として信販系のカードを発行しています。

流通系カード

流通系はスーパー・デパートなどが発行するカードで母体となるお店での割引や優遇サービスが中心になり、発行店の情報も得やすくなります。自分のお店で繰り返し買い物をしてもらうことが目的なので、年会費無料が多く、サービスもたくさん付いているものが多いです。

石油系カード

石油系はガソリンスタンドなどが発行し、ガソリン代割引などが目的で利用することが多いカードです。発行元も顧客の固定化を狙っているため、ロードサービスなど車関係の特典をつけていることも少なくありません。

車に乗る方ならばサブカードとして持っていると便利です。

航空系カード

航空系は各航空会社が発行するカードで、自社のマイルやショッピングでマイルが貯まるので、飛行機をよく利用する方はつくる価値があるでしょう。ただし、特典の内容だけではなく自分が使用できる航空会社自体を選ぶ必要があります。

基本、年会費がかかりますが、JALと電鉄で提携しているカードもあるので、上手にマイルを貯めましょう。

通信系カード

通信系は携帯電話会社やネット企業などが発行するカードで、電話会社では電話代などの割引サービスなどとセットになっていたり、ネット企業ではネットショップでの利用がしやすいという特徴があります。

メーカー系カード

メーカー系は商品をつくっているメーカーが発行するクレジットカードで、自社製品の長期保証などが特典とされている場合が多いです。自動車メーカーではトヨタと日産が自社カードを発行しています。

トヨタのカードは年会費がかかりますが、ガソリンスタンドの割引、レンタカー優待他車関係のサービスがあり、提携しているお店で利用するとポイントが2倍になるなどの特典、そして貯まったポイントで車検などがうけられるサービスがついています。

しかし、いちばんの特徴はディーラーで新車を購入する場合、ポイントを1.5倍で還元できることでしょう。ポイント有効期限5年以内に新車を購入する予定があるなら、価値のあるカードです。

系列カード毎の勢力図

以前、クレジットカードといえば銀行系・信販系でしたが、今は流通系・石油系の伸び率に著しいものがあります。また、近年ではそれぞれの境界もだんだんと区別しにくくなってきています。

流通系であるセゾンカードの永久不滅ポイントやアメックスとの提携は独自感があり、ブランド力の向上に役立っています。

また、ネット起業である楽天のカードなども、今後シェアを伸ばしてくるのではないでしょうか。

メーカー系は認知度が低いですが、利用の仕方によってはおもしろいカードです。