ポイント交換でマイルを貯める

自分に合ったマイルカードを選び、可能なものはすべてカード払いにしているのに、思ったようにマイルが貯まらないとすると、あとはどうすればよいのでしょうか?

ショッピングや生活費の支払いが多くなればそれだけポイントが貯まりますが、そのために消費するというのでは、意味がありません。もっと賢くポイントを稼いでマイルへ移行しましょう。

マイルに移行できるポイント

ANAマイルと交換できるポイント

有名なところでは、楽天スーパーポイントとTSUTAYAのTポイントです。両ポイントともとても貯めやすいポイントで、ANAと提携しているため簡単にANAマイルへ移行できます。

スルガ銀行ANA支店の口座を開設すれば、給与振込や各種引落しでマイルが貯まります。株をする方なら、マネックス証券では株取引に応じてマネックスポイントが付きます。400ポイント=500マイルのANAマイルへ移行できます。

JALマイルへの直接の移行はできませんが、年会費無料のマネックスセゾンカード経由で50マネックスポイント=50セゾンポイント=100マイルへ移行できます。

JALマイルと交換できるポイント

JALは楽天とは提携していませんが、Yahoo!ウォレットに登録済みのYahoo!JAPAN IDを持っている方なら、Yahooでのショッピング、オークション、アンケート回答などで貯まるYahooポイントを、2ポイント=1マイルで交換できます。

セゾンカードの発行会社であるクレディセゾンでは、株主優待として100株以上で500ポイント、500株以上で1000ポイント、1000株以上で1500ポイントのセゾンドリームポイントが付与されるものがあります。永久不滅ポイントで1ポイント=2マイルでJALマイルへ移行できます。

Eトレード証券のEトレードポイントは株を直接取引するたびに貯まるポイントで、直接3ポイント=1マイルでJALマイルに移行できますが、Yahooを経由すれば2ポイント=1マイルで移行できます。

また、アンケートサイトマクロミルのポイントをEトレードポイントに移行することができるので、こちらもJALマイルに移行できます。

ネットで賢く稼ごう

ポイントプログラムを利用する

メールを受け取ったり、アンケートに答えることでポイントがもらえるサイト、ポイントプログラムに登録し無料でポイントが貯められます。ポイントは現金、商品、マイルと交換できるので、マイルを増やすことができます。

CMサイトで稼ぐ

CMサイトは企業が作ったCMを見るたびにポイントが貯まり、商品や現金などに交換できるのですが、JCBのOkiDokiポイント経由でANAマイルやJALマイルへの移行ができます。

その際にANA提携のJCBカードからANAマイルへの移行が断然有利なので、ANAマイルカード利用者におすすめです。

Gポイント

代表的な無料でポイントを稼ぐことのできるサイトです。アンケートや登録したサイトへの訪問、資料請求、無料会員登録、ショッピングでGポイントが貯まります。Gポイントは貯まりやすくさまざまなポイントと交換できます。JALマイルへ移行する際はYahooを経由すると有利に移行することができます。

ネットマイル

日本最大級の共通ポイントサービスです。加盟サイトでの無料会員登録やネットショッピング、アンケートでネットマイルが貯まるようになっています。登録したメールアドレスに送られたメールを受信することで5マイル、広告をクリックするとさらにネットマイルがもらえます。600ネットマイルからANAマイルへの交換が可能です。

JALマイルへの直接交換はできませんが、DCカードを経由することで1.5倍で移行することが可能です。ANAマイルへの移行も直接ではなく、DCカードポイントからTSUTAYAのTポイントを経由することで1.5倍になります。

自分に合った方法をみつけよう

こちらに挙げている例は一部なので、他にもポイントを貯めてマイルへ移行する方法が色々とあると思います。

また、他社ポイントを経由することで価値が上がる裏ワザ的な利用方法もあるので、通常の利用ではなかなかマイルが増えない方は、自分に合った方法を調べて試してみるのも良いのではないでしょうか。