航空会社利用時に活用できる豆知識

マイルカードと言えばJALとANAですが、外資系航空会社は外資ならではの特徴があります。 正規運賃以外でのマイル加算率が100%であったり、マイルの有効期限が無期限であったり、日系航空会社にはないメリットもあります。 外資系でマイルを貯める方に人気のデルタ航空とユナイテッド航空について見てみましょう。

外資系航空会社のマイレージサービス

スカイマイル

スカイマイルは、デルタ航空のマイレージプログラムです。 デルタは、ユナイテッド航空に次ぐ世界第二位の航空会社です。 デルタ航空とノースウエスト航空の合併にあたり、デルタ航空のスカイマイル・プログラムは、ノースウエスト航空のワールドパークス・プログラムと統合され、両方の優れた部分を組み合わせ、提携航空会社も大幅に増えました。 マイルの有効期限は2011年に廃止され、今は無期限となっています。 スカイチームに加盟しており、他にも多くの会社と提携していてマイル加算の対象となります。

外資系なので、どうしても日本国内に弱いのですが、すべての航空会社・運賃・クラスでも日本国内線1フライトにつき500マイル、一般会員は10フライト分までもらえるボーナスマイル付与というキャンペーンもあり、ユニークです。

マイレージ・プラス

マイレージ・プラスは、ユナイテッド航空のマイレージプログラムです。 ユナイテッド航空は、2010年コンチネンタル航空との合併で、全米で最大の航空会社になっています。 北米、ヨーロッパ、ラテン アメリカ、アジアおよびオーストラリアの201拠点にフライトを運航しています。 マイルの有効期限は「18ヶ月に1回のマイル増減で、さらに18ヶ月有効期限が延長される」仕組みで、実質的には有効期限がありません。 世界中にネットワークを持つスターアライアンスに加盟しており、スターアイランス加盟航空会社のマイルも加算できます。

選ぶポイント

フライト以外でマイルを貯めようと思うのならば、電子マネーに対応していたり、加盟店や提携先の多い日系航空会社が有利です。 特定の外資系航空会社で頻繁にツアーや格安航空券を利用する方は、外資系が良いかもしれません。 外資系はやはりフライト中心で貯める方で、よく利用している航空会社のものを選ぶことが重要です。